スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ作曲家サミーネスティコの秘訣.12/創作



カウントベイシー楽団で私が気に入っている時代は50年代後半から60年代前半と85年あたり。
この期間いずれも絡んでいる人に、サド・ジョーンズがいる。

サド・ジョーンズと言えばベイシー楽団では「April in Paris」のソロを思い出す。 皮肉にもこの曲があまりにも
ヒットし、毎回同じフレーズを要求されることに、頭にきた?サド・ジョーンズは退団することになる。
この時期とにかくTPセクションが超強力、リードの神様スヌーキーヤング、ソニーコーン、ジョーニューマン、
サド・ジョーンズからなるセクションは、多分歴代のベイシー楽団最高のものだろう。

そのサド・ジョーンズはサドメルオーケストラを作り、一世を風靡したのはご存じの通り。
サドはその後、北欧コペンハーゲンに移り、85年ベイシーの死後楽団を短期間引き継いだ。
上記の映像はその時の「wind machine」。

近年のブラスセクションの中で一番のサウンドである。 60年代からのメンバーはソニーコーン、フレディーグリーンのみとなったが、サドの細かいアレンジのお陰で素晴らしくブラスが鳴っている。
リードTPはバイロン・ストリップリング。

この頃のサドとネスティコの交流も、また深い。ブラスのことに精通した同士である。
今度合ったらサドのことネスティコにもう少し聞きたい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

yoshi.jazz

Author:yoshi.jazz
旭川市を中心に活動する音楽家&プロデューサー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。