スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ作曲家サミーネスティコの秘訣.2/創作

IMGP3567.jpg


このところサミーネスティコを見直す動きが各地で見られる。
サミーネスティコは、現在87歳もしかしたらジャズ作曲家として最高齢かもしれない。彼の経歴はを知る人はあまりいないが、ジャズをやっていて彼を知らない人はいないはず。特にビックバンド界では。昨年秋、彼の所に2週間ほど滞在した。

音楽-休憩-料理-音楽-音楽-談話-音楽と一日中音楽の話しに終始した。過去、現在、未来の彼のジャズに対する話を聞きこれは本物の芸術家だ、と思ったのもその時である。彼のフランクな態度からはそんなことを微塵も感じさせないが、作曲作業を見るに付け一介の職業作曲家とは一線を引く態度なのである。いつもジャズの事を考え新しいサウンドを探している。
しかし、それは表には出ずいつも豪快に繊細にスイングするネスティコサウンドなのである。 

このところ若者(小中高、大学)がジャズに取り組む場面が映像で流れる。 映画スイングガールの影響か踊りながら楽しく演奏する姿が多く見られる。 これをみたらネスティコはどう思うだろうか? 怒りはしないが、複雑に思うに違いない。 ネスティコを演奏することは、ジャズの良心を考えること、などと思いうこのごろである。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

yoshi.jazz

Author:yoshi.jazz
旭川市を中心に活動する音楽家&プロデューサー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。