スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ作曲家サミーネスティコの秘訣.22/指揮 .2

IMGP3512.jpg

ここがそのその会場。 巨大な教会である。聴衆はいわゆるアメリカの中、上流階級。

黒人は一人もいない、少しチャイニースがいるだけ。と言うことで、私もチャイニーズになった。
日本人と中国人を一緒にするなと言いたいところであるが。

この吹奏楽団の常任指揮者と巨匠はあまり仲が良くないらしい。
前の指揮者は人望もあり素晴らしかったと彼は言う。

細かい関係、私には分からないが、いわゆるどこにでもいる、音楽の権威者
というのはわかる。 彼が、コンダクトをしていると、ステージと曲が盛り上がらない。
団員をしきっているためだ。 
自由に吹かせて上げると良いのに、というのは誰の目にも明らかである。

10数曲の演奏のうち、ネスティコの曲も数曲演奏。 明らかに編曲のグレードが全く違う。
聴衆として聞いている巨匠もブツブツ文句を言っている。

彼は「音楽は規律があっても自由でなければ」という。

権威の固まりの様な指揮者のあとに出て行って、みんなと歌を歌いながら演奏した私の光景を
喜んだ気持ちが理解できる。

しかし、全員アメリカ人を相手にするのは、結構怖い。


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

yoshi.jazz

Author:yoshi.jazz
旭川市を中心に活動する音楽家&プロデューサー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。