スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ作曲家サミーネスティコの秘訣.3/散策

IMGP3473 のコピー

彼は編曲家として最も名高いが、ジャズ作曲家としても名曲を書きまくっているのは周知のこと。 特に晩年の印象的なメロディの数々。豪快であり繊細でありアンサンブルが何とも温かい。

彼にそこの所を迫ってで聞くと、「君はどうしているの?」と切り返してきた。
さすが!巨匠と思い「自分はイメージを言葉にして、そこから音に切り替える・・」これは、武満徹がよく使う手であると言うと、日本人はみんなそうするのか?と。いやいや自分の話しというと、散歩に行こうという。

彼1日の日課で2回散歩に行く。行ったところはサンディエゴの海岸。
ここは、もうメキシコに近いので南国の風情。1年を通じ寒暖の差があまりなく、なんとも過ごしよさそうである。

連れと3人で海岸を歩く。 潮のにおい、波の音、さわやかな空気感、ここは太平洋、向こうには日本があると思うと不思議な気持ちになる。

ここで良く時間を過ごすという。 なるほど思索か。 歩きながら昔話を沢山する。そして沈黙。 時間が何となく止まっている。

この時フレーズの糸が出てきているのかもしれない。それにしてもあまりに美しい瞬間である。

60.70年代、馬車馬のように仕事をしてきた彼が、晩年にたどり着いた環境と境地。 彼の豪快と繊細さは人生そのものかもしれない。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

yoshi.jazz

Author:yoshi.jazz
旭川市を中心に活動する音楽家&プロデューサー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。