スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠ネスティコの新譜「On the Sammy Side of the Street」を考える.Vo.3      チャプリンの自作名曲「 Smile」

サミーネスティコの新譜を考えるシリーズの第3弾『Smaile』です。

しかし、この曲本当に綺麗な曲です。
奇をてらわないメロディーの構成、シンプルな心にしみる歌詞の内容。

この曲は1936年チャールズ・チャップリンの映画『モダンタイムス
の挿入歌である。のち、1954年にジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズ
が歌詞とタイトルを加え、同年ナットキングコールにより歌われる。

メロディも良いが、ついている詩があまりに心にしみるので、
のせておきます。

『Smaile』
微笑んで、たとえ君の心が痛んでも

微笑んで、たとえ破れても

空に雲が立ち込めても

君ならきっと切り抜けられるから

恐れる事も悲しい事も乗り越え、微笑むなら

微笑んで、そしてたぶん明日には

君のために輝いてくれる太陽を見るだろう

訪れる喜びに君の顔を輝かせて

どんな悲しみの跡も見せずにいよう

たとえ今すぐにも涙しそうだとしても

そんな時にこそがんばり続けて

微笑んで、泣いたってどうにもならない

人生にはまだ生きる価値があることを君はわかるはず

もしも微笑もうと思うなら

微笑んで。


1936年と言う時代は、第二次世界大戦前。
チャップリンは『モダンタイムス』『独裁者』という名作を生むが
その事が「容共主義(共産的)」ととられ、赤狩りの対象となり
1952年から20年間アメリカから追放される事になる。
彼がアメリカに戻ったのは、1972年、アカデミー賞授賞式に出席するため
である。彼もまた戦争の影響を大きく受けた人だったのである。

この曰く付きの名作を巨匠ネスティコは、ストリングによるイントロとライト感覚な
ジャズアンサンブルで仕上げている。

テーマはフルート、フリュゲルホーン、トロンボン。
ここでもフルートが多用されている。
近年の編曲は木管楽器の多用が特に多い。
このレコーディングはサックス奏者の持ち替えだが、
フルートがことのほか巧い。 とくにダン・ヒギンズはオーケストラの
主席とも引けを取らない。

ソロはTP〜Saxダン・ヒギンズにわたり最後はチェレスタのメロディで
静かに終わる。

巨匠ネスティコは映画音楽の仕事も数多くこなしてきた経験から
このようなムービーに於ける編曲も絶妙の冴えをみせる。

近年の名アレンジの一つになるだろう。
484px-Chaplin_The_Kid.jpg

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【巨匠ネスティコの新譜】

サミーネスティコの新譜を考えるシリーズの第3弾『Smaile』です。しかし、この曲本当に綺麗な曲です。奇を
プロフィール

yoshi.jazz

Author:yoshi.jazz
旭川市を中心に活動する音楽家&プロデューサー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。